借り入れの審査に受かるためには?

消費者金融等が提供している個人向けカードローンは、毎月使用した金額に利息を加算して返済するというのがルールとなっています。このルールを守って利用するだけの返済能力を有しているのかが、借り入れ審査で問われるポイントです。

借り入れ審査は、金融業者が加盟している信用情報機関への照会により行われます。

信用情報機関には加盟している業者の利用履歴が記録されており、情報は共有されています。特に重視されるのが、これまでの事故記録の有無と他社借り入れ残高です。

事故記録とは、返済に遅れたまま放置するという意味の延滞、任意整理や自己破産等の債務整理を行った事等が記録されている事です。

これらが記録されている間は、審査に通る事はありません。自己破産の場合は、最長で10年間は記録が残されています。

他社借り入れ残高は、多くなるほど審査に通る可能性は少なくなります。他の業者への返済額が多いという事は、新たに返済するだけの余裕を持たないと判断されるからです。借り入れ残高が少ない段階での申し込みが有効という事になります。

年収に関しての詳細な調査は借り入れ希望額が少ない段階では、ほとんど行われてはいません。

借り入れ希望額が多くなると審査に申し込む際に、収入を証明するための給与明細書や源泉徴収票の提出が必要となります。


プロミス